法人の方

契約関係紛争

契約書を作成せずに取引を開始し問題が起きた、契約書の仕様と実際の商品の仕様が合っていない、直前で契約を拒否され⼤きな損害が出てしまったなど、契約時のトラブルは交渉時にも締結後にも起こります。このようなトラブルで訴訟になった場合、弁護⼠に委任せずに対応することは⾮常に難しいといえます。クライアントの利益・権利を守るため、⼆⼈三脚で迅速な解決を⽬指します。

経営者は,日々,法的なリスクにさらされています。しかしながら,そのリスクは目に見えるものではなく,また専門家に相談しないとはっきりとわからないリスクです。
そのため,危険な契約書を交わしてしまい,後で問題になってから弁護士にあわてて相談することが多く見受けられます。
しかし,本来は,契約する前に,その内容をチェックすることが必要です。
そういった意味で,契約書のチェックを専門家に依頼することはとても重要なことです。