法人向けの取扱い業務

顧問契約

顧問契約

弁護士はトラブルが起きてから相談するものと思われているかもしれませんが、顧問弁護士にアドバイスを受けていたらそのトラブルはなかったかもしれません。
経営者の皆様が対応されている様々な局面(新たな事業展開、契約、従業員の管理、売掛金の回収等)において、色々なリスクが潜んでいます。企業の内情を熟知した顧問弁護士がアドバイスをし、御社のパートナーとして経営にご協力させていただきます。

事業継承

事業継承

事業継承は法務的知識だけでなく、相続税対策など税務上の知識も必要になります。スムーズな事業継承のために、司法書士・税理士と連携をはかって総合的なアドバイスとリーガルサポートを提供いたします。

契約関係紛争

契約関係紛争

契約書を作成せずに取引を開始し問題が起きた、契約書の仕様と実際の商品の仕様が合っていない、直前で契約を拒否され大きな損害が出てしまったなど、契約時のトラブルは交渉時にも締結後にも起こります。このようなトラブルで訴訟になった場合、弁護士に委任せずに対応することは非常に難しいといえます。クライアントの利益・権利を守るため、二人三脚で迅速な解決を目指します。

契約書作成・チェック
契約締結交渉

契約書作成・チェック・契約締結交渉

紛争になっている案件の中には、契約書できちんと定めておけば防げた紛争も少なくありません。また契約書の条項の中には、後々こちらに不利に働く可能性がある条項が盛り込まれていることも少なくありません。
契約の締結、契約書の作成等においては、関係法令はどうなっているか、そもそも法令違反ではないか、先々のトラブル発生の可能性を最小限に抑えられているか、こちらに不利にならないか等、様々な点を注意することで、後の紛争も防げますし、今後も相手方と良好な取引関係を築くことができます。

債権回収

売掛金や未払家賃、貸金などを何度催促しても払ってもらえず、諦めてしまうこともあるのではないでしょうか。そのままでは時効になってしまう可能性もあります。
債権回収には何よりも迅速に動くことが肝要です。また時効の問題もありますので、どのような手段をとるか、催促状の文言をどうするか、差し押さえる財産はあるか等検討しなければいけない問題もたくさんあります。
当事務所では迅速な債権回収をサポートします。

不動産関係紛争賃貸トラブル・建築トラブル他

不動産関係紛争

不動産関連訴訟には、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士等他の資格者等他の資格者との連携を密にし、迅速な解決に当たります。

知的財産関係紛争

特許権や著作権は目に見えるものではありませんが、これが侵害されると企業は多大な損害を被ります。反対に侵害してしまった場合にも大きな不利益が出てしまうのです。当事務所では知的財産権を巡る訴訟の解決、ライセンス契約の交渉、特許権の侵害鑑定、リスク分析など幅広くサポートいたします。

事業再編

他社の事業を買い取って事業拡大したい、不採算部門を売却して再生を図りたいなど、事業譲渡、会社分割、M&Aに関わる交渉や法務手続きを代行いたします。
経営に行き詰ってしまったら、まずご相談ください。早い段階ならまだ再生の可能性が十分にあるのです。クライアントと一緒に歩むパートナーとして、企業の早期再生を目指します。